【FIREで可能になる】子どもに世界最高の教育を与える

スポンサーリンク
FIRE:経済的自由
Happy parents and little girls with air balloons. Birthday, daughter, mom flat vector illustration. Celebration and holiday concept for banner, website design or landing web page
この記事は約4分で読めます。
おこめ
おこめ

おこめです.

FIREしたってすることないよ.

どうせ仕事することになるんだしFIRE目指したって意味ない

今回は筆者がFIREした後にやりたいことの一つ「子どもに世界最高の教育を与える」ということについて解説します.

筆者と妻は大学院生の時にフィンランドで教育研究のための留学をしていました.

そこで気づいた世界最高の教育の秘訣を交えて話そうと思います.

この記事を書いた人
おこめ

社会人1年目で自由不足を痛感しFIREを志し資産形成開始→20代教員夫婦がFIREを目論む | 毎月20万円の投資を24ヶ月間継続中 | 高配当株・インデックス投資 | 現在社会人3年目資産900万円 | 社会人1年目でも年間100万円貯金することができた実践例も

おこめをフォローする

世界最高の教育大国であるフィンランド

OECD加盟国が対象となっている国際学習到達度調査,通称 ”PISA” というものがあります.

世界的な規模で統一された学力調査は初の試みであり2000年から始まりました.

世界で教育が強い国はどこなのか

この疑問の答えが史上はじめて明らかになると教育関係者からはもちろん注目のまとでした。

 

このテストでフィンランドは総合でトップの成績を取りました。しかも2000年から2009年までの全3回のテスト全てで,です。

詳しくは以下の表を参考にしてください。ちなみにOECD加盟国はアメリカ,イギリス,日本など,全36カ国あります。

年/分野数学国語理科
20004位1位3位
20031位1位1位
20061位2位1位
20092位2位1位
出典:OECD(2003)”Literacy Skills for the World of Tomorrow-Further results from PISA 2000” ;OECD(2004)”Learning for Tomorrow’s World: First Results from PISA 2003” ;OECD(2007)”PISA 2006 Science Competencies for Tomorrow’s World” ;OECD(2010)”PISA 2009 Results:Executive Summary” ; OECD(2013)”PISA 2012 Results in Focus: What 15-year-olds know and what they can do with what they know”

初回から9年にわたってずっとトップクラスの成績を取り続けました.こうしてフィンランドは「世界トップの教育国」として注目されるようになりました

 

フィンランド式教育は親の”仕事早上がり”で可能になる

世界一の教育国がフィランドだとして,我々教育研究者が最も知りたいのはその要因です.何がそんなに他国と違うのでしょうか.

その要因の一つとして親の退勤時間の早さが挙げられています.

 

親は早くて15時には退勤して子供の面倒を見ます.帰宅して絵本を読んでお決まりの「mita?」(なぜ?)を繰り返し尋ねて子供の思考力を刺激します.

こうして親子コミュニケーションを中心として子供の学力はどんどん伸びていきます.

 

FIREすれば子の教育に多くの時間をさける

教育にとって最高の資源は親と一緒にいる時間であるということがわかりました.

決して

・高額な英語アニメ教材

・幼少中高大と私立学校に通わせる

といったお金がかかる方法を取らずとも叶う方法です.

 

筆者は成長できることが好きなのでFIREした後は子供と一緒にいる成長できる時間を作りたいと思っています.

投資で生まれた時間を利用すれば子供に世界最高の教育を与えることができます.

・英語を教えたければ親子ともに毎日学ぶ

・プログラミングを教えたければ親子ともに毎日学ぶ

この親子一緒に学ぶことは教育において圧倒的に効果があります.

おこめ
おこめ

時間があるからこそできる実践的教育ですね

そのためにこれからもFIRE目指してこれまで通り音声読書をメインとしてインプットし続けます.

FIRE→時間生む→最高の教育(2ゴール)

時間が生まれると子供と過ごす時間が多くとれます.

筆者はフィンランド教育についての研究留学を経験しましたが,フィンランドの親は午後3時に退勤して子の面倒をみる文化が根付いていることを知りました.

フィンランドは皆さんもご存知の通り,世界的に教育が優れていることで有名です.親が長時間子供と接していることが学力につながっているんです.

これからの教員夫婦FIREの動向進捗を発信し続けるので気になる方はウォッチしてみてください.

読んでいただきありがとうございました.

Best.

この記事を書いた人
おこめ

社会人1年目で自由不足を痛感しFIREを志し資産形成開始→20代教員夫婦がFIREを目論む | 毎月20万円の投資を24ヶ月間継続中 | 高配当株・インデックス投資 | 現在社会人3年目資産900万円 | 社会人1年目でも年間100万円貯金することができた実践例も

おこめをフォローする
FIRE:経済的自由
スポンサーリンク
おこめをフォローする
教員夫婦FIRE

コメント

タイトルとURLをコピーしました