【年間+2万円】サブスクをやめる

スポンサーリンク
支出の最適化:倹約
この記事は約3分で読めます。
おこめ
おこめ

こんにちはーおこめです。

今回はサブスクサービスをやめると年間2万円貯金することができるということについて解説していきます。

サブスクとはSubscriptionの略で定額サービスのことです。代表例は以下。

サブスクの代表例

・Amazonプライム

・Netflix

・Hulu

・Unext

・Sportfy

・Apple Music

・Amazon Music

・Kindle Unlimited

もう使っている人のほうが多いくらいに浸透しています。

サブスクは月々引き落としなので支払っている感覚が薄くなります

もしサブスクをやめると年間どれくらい貯金を増やせるのでしょうか。

おこめ
おこめ

毎回のことながら平均値をシミュレーションしてみました!

この記事を書いた人
おこめ

社会人1年目で自由不足を痛感しFIREを志し資産形成開始→20代教員夫婦がFIREを目論む | 毎月20万円の投資を24ヶ月間継続中 | 高配当株・インデックス投資 | 現在社会人3年目資産900万円 | 社会人1年目でも年間100万円貯金することができた実践例も

おこめをフォローする

サブスクサービスに年間19800円払っている

サブスク利用額は値段によって様々です。

今回は値段に割合をかけて合計することで平均値を割り出しました。

月々のサブスク利用料の平均 = 1650円

日本取引所グループ

どうですか?

想定通りかな

毎月そんなに払っていると思ってなかった!

年間にすると2万円弱です。

 

サブスクをやめる→年間19,800円貯金できる

サブスクサービスをやめることで年間19,800円貯金に回すことができます

サブスクは生活インフラの一部。やめるなんて無理だよ

もちろん全てをやめた方がいいとは思っていません。

おこめ
おこめ

実際におこめもけっこう使ってます(笑)

サブスクサービスは支払っている感覚を薄れさせることでいつの間にか多額の料金を支払うことを誘導するサービスでもあります。

ポイントは定期的なサブスクの見直しにあります。

知識武装した人
知識武装した人

今はこのサブスク必要ないかな…

知識武装した人
知識武装した人

これはまだまだこれからも使っていきそうだ

知識武装した人
知識武装した人

けっこう便利だけどこの値段だと割りに合わない気がするなぁ

このようにタイミングを決めてサブスクを見直していけば,

知識これからの人
知識これからの人

いつの間にか使っていないサービスにお金を払ってた…

という貯金事故を防ぐことができます。

しかもサブスクはクリック一つで解約できるものばかり。

思い立ったらすぐ解約してしまって,もしまた必要になってからすぐまたワンクリックで契約すればいいと思ってます。

まとめ

今回はサブスクサービスをやめると年間2万円貯金することができるということについて解説しました。

サブスクのサービスはすでに生活インフラレベルまで達するものもあるのは事実です。

しかし定期的に見直しをすることによって,スーパーの買い物と同じで必要十分な買い物にすることができます。

もちろん年間2万円の出費がもったいないと感じる人は全部解約してみてもいいと思います。

また必要と思った時に契約すればいいだけの話なので。

おこめ
おこめ

案外全然契約する必要がなかったりするもんです

サブスクだけでなく今回のように貯金意識だけで費用を抑えられることはたくさんあります

知識や感覚を身につけてお金が貯まる体質を作って年間100万円貯金を毎年達成できるようになりましょう!

おこめ
おこめ

今回も読んでいただきありがとうございました。

新着記事

【若いうちから投資を始めるメリットが想像できない】20代資産形成の経験談を紹介
【高校は公立?私立?】地方で進学させるなら公立高校一択な理由
【20代で資産1000万円貯めるのに役立った情報源公開】投資系良書と役立ったポイントまとめ
【FIRE】地方・田舎でFIREしたい人が気をつけるポイント
毎月の入金額を20万円に設定している理由

他の参考になるブログもここでまとめられていますので,ぜひ参考にして情報強者になってください。

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村

他にも受験情報を発信するおこめ受験も運営しています。

ぜひ見ていってください。

この記事を書いた人
おこめ

社会人1年目で自由不足を痛感しFIREを志し資産形成開始→20代教員夫婦がFIREを目論む | 毎月20万円の投資を24ヶ月間継続中 | 高配当株・インデックス投資 | 現在社会人3年目資産900万円 | 社会人1年目でも年間100万円貯金することができた実践例も

おこめをフォローする
支出の最適化:倹約
スポンサーリンク
おこめをフォローする
教員夫婦FIRE

コメント

タイトルとURLをコピーしました